動画配信サービスの知識

レンタルしたDVDをコピーするのは違法?

レンタルしたDVDをコピーするのは違法なの?

TSUTAYAやゲオなどのレンタルショップに出向き、CDやDVDを借りている方は多いですよね。

最近は料金もリーズナブルになりましたので、気軽にDVDをレンタルできます。

そこで、お気に入りのDVDを何度もレンタルしているうちに、次の疑問を抱えている方はいませんか?

  • 借りてきたDVDをコピーしても大丈夫なの?
  • レンタルDVDをコピーしたらバレるの?
  • 勝手にコピーするのは法律的にどうなの?

DVDのコピーが違法になるのかどうかは、種類によって大きく異なります。

DVDのコピー自体は違法ではありませんし、レンタルしたDVDのデータを書き換えるわけではないので、ショップにバレることもないでしょう。

しかし、日本では2012年10月の著作権法の改正で、「コピーガードを無効化してDVDやBlue-rayディスクをコピーする行為は違法」と決められました。

以下では何が違法で何がOKなのか説明していますので、DVDをレンタルすることの多い方は一度目を通しておきましょう。

自分で作成したディスクやコピーガードが付いていないDVDはコピーが合法

DVDのコピー自体は違法ではなく、次の2つはコピーしても大丈夫だと認められています。

  • 自分で作成した動画を焼いたDVDディスクにコピーする
  • 市販のDVDでコピーガードが付いていない

自分で作成したディスクに関しては自分に著作権がありますので、コピーしても犯罪にはなりません。

自分で購入したDVDも大量に複製して販売するのではなく、個人的な使用のみに留めるのであれば大丈夫ですよ。

また、市販されているDVDに関しては、ソフトを複製されないようにするために搭載されているコピーガードが備わっているのかどうかで合法なのか違法なのか決まります。

著作権を保護する目的で作られたのがコピーガードで、2つの技術について見ていきましょう。

  • ディスク内の映像の複製を制限する機能を持つコピーガード
  • 複製したものを再生しようとすると暗号化技術で再生できなくなるアクセスガード

現在ではかなり少ないのですが、コピーガードの付いていないDVDは私的利用に限りコピーしても違法性はないと心得ておいてください。

レンタルしたDVDのコピーは原則的に違法

レンタルショップで借りてきたDVDをコピーするのは、原則的に違法です。

コピーされないように鍵をかける目的でコピーガードを搭載していますので、勝手に開けてコピーするのが法律に反するのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

具体的にコピーしたら違法になるものを幾つか挙げてみました。

  • 市販されているDVDやBlue-rayディスク(大体コピーガードが付いている)
  • TSUTAYAやゲオなどのショップでレンタルしたDVD
  • テレビ番組を録画したディスク(DVDレコーダーやBDレコーダー自体にコピーガードが付いている)

現在では、私的コピーも含めてコピーガードを回避してコピーすること自体が法律で違法だと定められています。

コピーした事実がバレることはなくても、映像コンテンツを権利者の意図しない手段で複製するのは、私的利用や家庭内利用の範囲から外されて違法になるわけです。

ショップでレンタルできるDVDには全てコピーガードが搭載されていますので、コピーしたり複製したりしないように気を付けてください。

DVDのコピーに関する法律で以前と変わったこと

今までは自分で購入したDVDをコピーすること自体は、違法とされていませんでした。

しかし、2012年10月の著作権法の改正で、DVDのコピーに関する法律は次のように変わっています。

  • コピーした後に他人に売る行為は以前から違法
  • レンタルビデオやレンタルDVDをコピーして家に置くのは違法
  • 自分で購入したDVDをリッピングしてPCにバックアップとしてデータを残す行為も違法

分かりやすく説明すると、「コピーガード解除」+「データの複製」の両方を行う行為が禁じられています。

レンタルビデオやレンタルDVDは自分で購入したわけではなく、他人の所有物を複製したと見なされますので、販売ではなく私的利用でもNGですね。

とは言え、個人的な利用に関しては今のところ明確な罰則や逮捕などの処置はなく、グレーゾーンといったところでしょうか。

著作権法の改正は違法なのに刑罰が課せられないので意味がないような気がしますが、コンテンツの権利者は損害賠償を請求する権利がありますのでDVDのコピーには十分に注意してください。

DVDのレンタルではなく動画配信サービスを使おう

著作権法の改正により、レンタルしたDVDはもちろんのこと、自分で購入したDVDのバックアップも違法になりました。

そのため、「DVDを借りて複製しよう!」と考えるのではなく、パソコンやスマホ、テレビやゲーム機器など様々なデバイスで動画コンテンツを楽しめる動画配信サービスを使いましょう。

動画配信サービスとは、インターネットやモバイル通信回線を使って映画やドラマを中心とする動画を視聴できるサービスです。

TSUTAYAやゲオでDVDをレンタルするのとは違い、動画配信サービスには次のようにたくさんのメリットがありますよ。

  • わざわざ実店舗に足を運んでDVD作品を探す手間を省ける
  • 月額料金さえ支払っていれば見放題作品を全て視聴できる
  • 視聴する作品本数によってはレンタルよりも遥かに料金が安い
  • 最新作の映画やドラマでもレンタル料金を支払えば視聴できる
  • パソコンやスマホを中心に自分の好きなデバイスで好きなタイミングで楽しめる
  • あらかじめダウンロードすれば圏外でもオフライン再生ができる

レンタルしたDVDをコピーしたり複製したりとリスクを負うよりも、動画配信サービスを使った方が遥かに安全です。

しかも、レンタルショップでDVDを借りる場合は、延滞すると追加で一定の料金を支払わないといけません。

利用回数が多ければ多いほど自分が想像している以上に金銭的な負担が大きくなりますので、月額料金が500円~2,000円程度の動画配信サービスを利用してみてください。

動画配信サービスの選び方で迷っている方にはU-NEXTがおすすめ!

「レンタルショップよりも動画配信サービスの方がお得」とは言っても、現在ではたくさんのサービスがありますので迷ってしまいますよね。

そこで、初めて動画配信サービスを試そうと考えている方には、国内の中でも大手のU-NEXTがおすすめです。

なぜU-NEXTを選ぶべきなのか、以下ではおすすめポイントをまとめてみました。

  • 用意されているコンテンツ数が12万作品以上と多く、新作動画の種類も豊富
  • パソコンやスマホだけではなく、テレビやゲーム機器などマルチデバイスに対応している
  • Wi-Fi環境でキャッシュすれば、外出先でデータ通信量を消費せずに動画を視聴できる
  • 月額1,990円の有料会員に入会すると、毎月1,200円分のポイントが付与される(見放題以外のレンタル作品の購入が可能)

作品数の多さや使いやすさでトップクラスの動画配信サービスですので、まずはU-NEXTの無料体験を試してみてください。

まとめ

以上のように、ショップでレンタルしたDVDをコピーしたり複製したりするのは違法です。

「バレないから大丈夫」と考えてコピーして楽しむ方法はおすすめできません。

リスクを負わなくても料金の安い動画配信サービスを利用すれば万事解決ですので、上記で紹介しているU-NEXTを一度試してみましょう。

ABOUT ME
ぴょん
先月の通信量56ギガバイト?!な『ぴょん』です。動画配信サービスを使って7年!移動中にスマホ、帰ってからはテレビで続きを見るライフスタイルにドハマリ中。質問があればツイッター、コメント欄へどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です