動画配信サービスの知識

3歳児の新幹線に!暇つぶしアイデア5選

新幹線と子供

イヤイヤ期真っ只中の3歳児を連れて、公共の乗り物に乗ることは親からすればかなり不安でしょう。特に新幹線での移動は数時間かかるため、どれだけおとなしいお子さんでも飽きてしまいます。

言い聞かせるということが難しい年代なので、気をそらすことが一つのテーマになります。このページではそんな3歳児の新幹線での暇つぶしに使えるアイデアを5選をまとめました。

食事の時間に合わせて暇つぶし

午前中は新幹線が混雑する時間帯なので、あえて避けてお昼ご飯の時間に乗りましょう。また新幹線が混雑する他の時間帯も知っておくと便利です。

  • 平日始発~午前10時頃・夕方以降
  • 土日祝9時ごろから午前中全般・15時以降

週末や繁忙時期の混雑は、どの時間帯も結構混んでいます。ただ観光に来た人は現地で美味しいものを食べたいはずなので、午前中が混みます。

そのためお昼ご飯の時間帯を狙うのがベターです。

子どもは空腹だとグズグズとぐずることがあるので、お腹いっぱいにさせてあげましょう。普段食べさせないコンビニのおにぎりやからあげなどのホットフード系は、食べさせない分飛びついて好みます。

その時だけですから、好物があればそれを食べさせてあげましょう。

またお菓子も好きなものがあれば、用意しておきます。小さなおもちゃ付きのお菓子はいくらか暇つぶしになります。

食事で大体30分から小1時間程度は時間がつぶせるはずです。それにお腹いっぱいになれば眠たくなるので、寝てくれるというメリットもあります。

ただあまりにおいの出る食べ物は、他の乗客の方に迷惑をかけます。そこだけ注意が必要でしょう。

動画配信サービスをスマホで見せる

最近では様々な動画配信サービスがあります。スマホ用のイヤホンを持っていけば静かに見られるので安心です。

動画配信サービスとは月額にいくらか支払えば、映画をはじめドラマやアニメなどが視放題になる動画配信サービスです。多くの動画配信サービスが、テレビだけでなくスマホで見られるようになっています。

もし新幹線で利用したいのであれば、あると嬉しい機能は以下の機能の動画配信サービスです。

  • オフラインで動画が見られる
  • 子供向けの動画がたくさんある
  • 様々な機種に対応している

最近では新幹線もWi-Fiが使えるよう、本格的な無線LANの導入が始まっています。そのためあまり容量に関しては心配はいりませんが、ダウンロードしておけばオフラインで見られる機能がある動画配信だと安心です。

また子どもが好きなキッズ向け動画や映画などがあれば、すぐに1時間、2時間と時間がたつので暇つぶしにもってこいです。

3歳でゲーム機を扱えるのは少数かもしれませんが、3DSやvitaなどゲーム機に連動する動画配信サービスもあるので。チェックしておきましょう。

また新幹線で利用して良かったら、今後も動画配信サービスを続けていくこともあるでしょう。そんな時パパやママの要望もかなえてくれそうなサービスを選ぶと良いです。

  • 最新映画やドラマに対応
  • 同時視聴可能数(アカウント)を多く持てる
  • 画質が良い

家に動画配信サービスを入れていないなら、これを機に入れるのはいかがですか?

タブレットでオフラインのゲーム

あまりゲームやタブレットなどはさせたくない、という親御さんもいるでしょう。ただ新幹線だけと限定的に使うのであれば、問題ないのではないでしょうか?

タブレットやスマホではこんなゲームも楽しめます。

  • ひらがな
  • パズル
  • 絵合わせ

小さな子供用のゲームには知育に良いゲームも多くあります。そのためゲームイコール全部が駄目という訳ではありません。

オンラインだと容量が心配なので、オフラインで楽しめるゲームをいくつかダウンロードしておきましょう。スマホでも良いのですが、画面が小さく目が疲れるので、できるだけタブレットがおすすめです。

ゲームは集中してくれるので、あっという間に1時間や2時間は経ちます。どうしてもゲーム機器などを使うのに抵抗のあるママは、奥の手として持って行き、どうしてもぐずぐずしだしたら使うようにしてください。

音の出ない玩具を駆使しよう

音が出ないおもちゃ類は、新幹線の中でも大活躍です。中には100円ショップで売られているものもあるのでコスパも良いです。

シールブック

たくさんのシールが入っていて、台紙にペタペタと貼り付ける遊びができる本です。普段ならこんなに多くのシールを買い与えることはありませんので、子供が目を光らせてくれます。

また食べ物や動物など様々な種類のシールがあり、台紙も貼る場所を探して貼れるといった工夫をしているので、ちょっとした知育にもなります。

マグネット絵本

シールは一度貼るとおしまいですが、マグネットは何回も貼りなおせるのでおすすめです。
時間としてはあまり持たないかもしれませんが、好きなキャラものではじめて購入したものなら長く遊んでくれるでしょう。

お絵かきボード

メモ帳と鉛筆があればお絵かきはできますので、それでも構いません。ただペンなどは手が汚れてしまいがちです。また荷物が多くかさばる時は何枚も紙のゴミが増えるのも困ります。
それなら何回かいてもすぐに消せる、磁石のお絵かきボードがおすすめです。お絵かきボードは小さいタイプも売られていますので、新幹線でも利用しやすいです。

紐通し

紐通しは手先が器用になるので、脳の発達にも良く幼稚園や保育園でも配られることが多いですね。
紐通しは通すことがメインですが、他にもボードに穴が開いてありそこに通すと絵柄が現れるタイプと様々あります。重たくないので旅行に持って行くには便利な遊び道具です。

ぬりえや迷路

女の子ならぬりえが大好きではないでしょうか?色鉛筆もぬりえも100円ショップで手に入ります。最近では大人がハマるくらいの細かいぬりえも売られています。ママと一緒に塗ると子供も楽しいでしょう。
他にもプラスチックチェーンやビーズでアクセサリー作りも集中できます。ただし落して無くさないように気を付けなければなりません。
男の子なら迷路が大好きな子が多いので、迷路の本も売られています。

折り紙やあやとりなど昔の玩具もおすすめ

あやとりなんて、今の子供は知らないのではないでしょうか?ママ世代は夢中になって遊んだ記憶もあるはずです。

この際教えてあげると良いでしょう。毛糸1本でできるので、新幹線でもかさばりません。
また他にも昔ながらの玩具があります。

  • 独楽
  • おはじき
  • 折り紙
  • ねんど

折り紙は折り方を知らなくても、点線で折れば恐竜や食べ物など簡単にできてしまうものがたくさんあります。そのため小さな子供でもゆっくり折れば折れます。

またどれもそんなにお金がかからない物ばかりなので、コスパも良いです。

昔のおもちゃは使ったことがない子もいるでしょう。やりかたを知らない子どもに教えてあげられるので、コミュニケーションの時間がたっぷりとれます。

3歳というとこれなあに?が増える時期でもあるので、子どもの探求心や好奇心を引き出すこともできます。

まとめ

新幹線など公共の乗り物は、親も気を遣います。子供なんだから大目に見てよ、という態度では他の乗客からクレームが来るかもしれないので謙虚に、がポイントです。

便利なアイテムを駆使すれば、3歳の新幹線での暇つぶしも2時間程度はクリアできます。それでもグズグズしたら、夫婦交代でデッキで少し過ごしましょう。

子どもが騒ぐのはほんの数年のことなので、これらのアイテムで乗り切りましょう。

ABOUT ME
管理人@ゆるっと動画Life
このサイトの運営者です。現在、質問をコメント欄で受付中です。一緒にピッタリなサービスを探しましょう!※シェア頂けると励みになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です